ナンパの果てに見えるモノ

ナンパの果てに見えるモノは天国か、はたまた…

いざナンパの世界へ【前編】

「昨日の夜、3回して疲れたから私が東京行った時にしよう♪」

そういう彼女の言葉を信じ、一ヶ月後に約束は果たされた。

 

人生で初めて声かけからの準即だった。

 

2015年8月某日

担当しているプロジェクトが大阪でも展開されるとのことで人生で3回目の大阪へ。

 

1度目は当時付き合っていた彼女とユニバーサルスタジオジャパンへ。

2度目は前職の仕事で。

 

ただ今回の3回目と2回目では大きな違いがあった。

2回目訪問後にこのブログと出会っていた。

takatou4545.blog.fc2.com

 

当時付き合っていた彼女とも別れ、素敵な出会いがないかとネット検索をしていた時にたまたま出会った。

きゃりーさんのブログはナンパを始めてから現在に至るまでの過程が細かく書いていて、かつ成長が読み取れる内容になっている。

 

当初、ナンパに対しては悪いイメージしかなく、「酒に酔ったサラリーマンが強引にするもの」と感じていた。

 

しかし、このブログを読んでナンパに対するイメージが180度変わった。

ナンパでも素敵な出会いがあるんじゃないか、と本気で思えた。

 

 

この時はそのきゃりーさんが活動している大阪へ出張かと思うと、密かにワクワクしていた。

 

大阪に行くにあたり、ネトナンで2件のアポを入れていたが、ここでは割愛させていただく。

 

仕事が終わった後に大阪でネトナンのアポをするため、後泊をする。

ホテルを予約したつもりが出来ておらず、仕方なくネットカフェを探す。

 

ただネットカフェのシャワーだけでは満足できないと思い、手軽に入浴できそうな銭湯を探す。

 

駅からもそう遠くない場所に見つけることができ、早速向かった。

 

受付で手続きを済ませ、ロッカーで全裸になり、トランクスのようなパンツに履き替えて、さあ行こうとした時に彼女とは出会った。

 

マッサージの受付カウンターに小柄で可愛らしい女性がずっとうつむいて、何かをしていた。

 

とっさに声をかけてしまった。

 

「そんなにツムツムばかりしてたら、怒られるよ?」

 

彼女は微笑みながら顔を上げ、

「ツムツムしてないですし、もう流行ってないですよ笑」

 

俗に言うオープンした瞬間であった。

真正面で見る彼女は一段と可愛らしく、芸能人で例えられるような人がいない。

ただ、お姉ちゃんがいて、写真を見せてもらったがAKB48の髙橋みなみにそっくりだった。

f:id:emoticonworks:20160113015541j:plain

 

そこからは雑談をし、東京から仕事で来たことや明日の昼に帰ることなどを話した。

 

「せっかく大阪に来たし、美味しいもの食べたいから今夜一緒にどうかな?」

 

「今夜は予定があって、難しいんです。」

 

「そっかぁ」

 

「明日の朝なら時間ありますよ!」

 

「それなら、朝マックからの朝デートしようか!」

 

「なんだか楽しそうですね♪」

 

「それなら、明日の朝起きたら連絡して」

 

「わかりました♪LINEとかしてますか?」

 

「あの緑のやつね、もちろんしてるよ!」

 

「交換しましょう♪」

 

「OK!」


こんな感じで連絡先を交換し、その銭湯を後にした。


街をブラブラし、声かけしようとするも初の、しかもアウェイという環境にビビってしまい、地蔵。

その後、ネットカフェへ向かい、ひと段落した後に彼女にメール。


しばらくすると返信があり、アポれないということはないと感じた。


ただ、ネトナンでたまに遭遇していたドタキャンを恐れていたため、数通のラリーをし、粥食を確認。


うん、悪くなってない。


しかし、メールの送りすぎによる食いつき低下を防ぐため、これでもかっていうぐらい返信を遅らせた。


途中、用事のせいか返信が来なくなったのでこの日は翌朝のアポのためにも早めに就寝した。


人生初の声かけからの即のために。



つづく。